ジアミストの商標裁判について

公開日: 

▼コメント欄へ飛ぶ

今回はエコーテックとソフトイーエックスが出している「ジアミスト」の商標裁判について。

あまり公には出てこない話ですが…。

ジアミストの名前で売っている二つの会社

噴霧器を「ジアミスト」の商標で扱っている会社は二つあります。

  • エコーテック
  • ソフトイーエックス

それぞれの製品を見てみましょう。

echojia

まずこちら。エコーテックが販売している「超音波噴化器ジアミスト JM-200」という商品になります。どうやら幅広い意味での蒸気発生装置というものらしく、特に次亜塩素酸を入れるという指定はないようです。霧の演出に使ったり、加湿、芳香など幅広い用途で使えます。

そしてソフトイーエックスのジアミストはこちら

d16712-1-681464-2

こちらは完全に次亜塩素酸の噴霧器として売り出していますね。ソフトイーエックス側はテレビCMもガンガン仕掛けているので目にする人は多いと思います。

Yahoo知恵袋の書き込み

リサーチをしているとYahoo知恵袋に気になる投稿が。

ジアミストで検索をするとわかると思いますが他にも同じ名前の次亜塩素酸水の噴霧器があります。商標登録を調べてみるとsoftex社が商標を取ったのが2013年なのですが2010年にエコーテック株式会社が商標を取っています(j-platpatにてジアミストと検索してみてください)。
この件についてエコーテック株式会社に問い合わせをすると、明らかに商標権の侵害で現在、弁護士を通して話し合いしているとのことでした。 — Yahoo知恵袋より

そしてTwitterでも。

この方はエコーテック社の社員みたいです。

J-PlatPatでジアミストを調べてみると

特許情報プラットフォームのJ-PlatPatというサイトがあります。ここで「ジアミスト」と検索すると4件ヒットしました。

jiamyst_shohyo

エコーテックとソフトイーエックスのそれぞれがジアミストという商標で取っていますね。しかし注目すべきは区分の違い。

エコーテック側は「09」、ソフトイーエックス側は「11」になっています(一番下の35、37、40はフランチャイズの商標)。

エコーテックの09は(超音波応用霧化器その他の超音波を利用した電子応用機械器具,その他の電子応用機械器具及びその部品)」、

ソフトイーエックスの11は(空気清浄機,家庭用加湿器,家庭用電気式美顔用加湿器,業務用加湿器,殺菌効果を有する電解水を噴霧する家庭用電気式噴霧装置,殺菌効果を有する電解水を噴霧する業務用電気式噴霧装置,噴霧式空気調和装置,殺菌効果を有する電解水を噴霧する家庭用手指消毒器,殺菌効果を有する電解水を噴霧する業務用手指消毒器,殺菌効果を有する生成水を噴霧する家庭用手指消毒器,殺菌効果を有する生成水を噴霧する家庭用電気式噴霧装置,殺菌効果を有する生成水を噴霧する業務用手指消毒器,殺菌効果を有する生成水を噴霧する業務用電気式噴霧装置,家庭用電気式芳香発生器,家庭用電気式芳香器,家庭用電解水生成装置,業務用電解水生成装置,暖冷房装置,浄水装置,家庭用電熱用品類,家庭用浄水器)だそうです。

区分の違いが裁判にどう影響してくるのか。私は弁護士じゃないので詳しい事は言えません。

しかしソフトイーエックスは全国的にオーナーを募ったり、テレビCMを打ったりと大きく仕掛けているので個人的に注目しています。

何か情報持っている方いらっしゃればコメントくださいm(__)m

コメント

内容に問題なければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑