MLMで一番健全な報酬プランは何か

公開日: 

▼コメント欄へ飛ぶ

MLMの基本的な報酬プランはブレイウアウェイ、ユニレベル、バイナリーですね。そしてそれを複合したものもあります。

結局どのプランが一番良いのかということを書いてみようと思います。

ブレイクアウェイの弊害

ブレイクアウェイと聞くとやはりアムウェイやニュースキンなどを思い浮かべるでしょう。

具体的なプランの説明は省きますが、弊害といえばやはり「買い込み」になります。

タイトルを維持したり、ロールアップ対策などで買い込みをせざるを得ない状況に追い込まれます。これらはよくネットで転売されたりもしますね。

会社側から見ると、わざとそういうプランにして買い込みを起こさせることで自社の利益になりますね。

ユニレベルの弊害

ユニレベルは一系列だけで収入が取れるのでかなり易しいプランですね。

弊害といえば、収入が取れる段数に制限があることでしょうか。なので自分で動いてリクルートを続けていく必要があります。

遠い段数に高還元を設定している会社の場合は、少数の先行した人が圧倒的に有利になりますし、逆にほとんどの人が収入が取れません。逆に近いところで高還元を設定している会社はちょい勝ちの人が沢山出てきますが大勝ちはしにくいです。

バイナリーの弊害

バイナリーといえばスピルオーバーですね。

ありがちなのは「上から降ってくるから早く登録した方が良い」というトークでの営業です。

これが射幸心を煽る結果となり、正しい判断をしないまま入会することになりやすいという弊害があります。

よくサービスに関係のない人まで巻き込まれるのもバイナリーの特徴です。サービスの愛用というよりもリクルート目線になりやすいですね。

また、2系列を均等に伸ばさないと収入が取れないのですが、大抵は片伸びしてしまいます。その眠ったお金は会社が貯めておけるものになります。

会社としては、長く続けるわけでもなく、短期決戦でお金を回収したい時によくバイナリープランを採用する印象があります。そういう会社はプランもとにかくリクルート目線にしていますね。これをやると組織は爆発的に伸び、新規参入者がいなくなった時点で物凄い速さで崩壊します。

サービスの会員権などをやっている会社はほとんどがバイナリーでしょうね。皆がリクルートに集中してサービスを使わないでいてくれると会社は丸儲けできます。おそらくそれをわかっていてリクルート向けのバイナリープランにしています。

よくあるのが、ダウンがサービスを使わなくても月会費を取り、それを還元するような仕組みです。そして人を何人誘えば月会費がタダとかそういう感じです。こういうプランからできる組織はとにかくビジネス教育中心になりやすく、サービスは二の次です。正しくいくなら、ダウンがサービスを使った額の何%かを還元するべきですね。

結局どのプランが良いのか

あくまで個人的な感想ですが、ユニレベルが一番緩くて平和なんじゃないでしょうかね。それも浅い段数で高還元をしてくれる報酬プラン。

バイナリープランを採用している会社に関しては、なぜ会社がそれを採用したのかをよく考えてみると良いと思います。その方が会社にとって都合が良いからという魂胆が見えるプランだとまずいですね…。

ネットワークビジネスで本当の意味で権利収入になるのは、リクルートせず報酬が取れなくても商品またはサービスを使い続けたい愛用者がどれだけできるかどうかにかかっています。ビジネスではなく、愛用者を生みやすい報酬プランを採用している会社の元動くと本当の意味で権利収入になりますね。

会社の策略に踊らされないネットワーカーでいたいものです。

コメント

内容に問題なければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑