最近のdivveeがやりすぎな件について

公開日:  最終更新日:2016/12/20

最近divvee(ディビー)本社から、Webに公開している人達に対してdivveeの記事を一斉に取り下げるよう通達があったようです。

ディビーの通達内容

Web上やSNS等の公開資料について

ウェブサイトや個人のSNS上でDivveeのロゴを使用した資料や動画を公開している方に対し、Divvee本社からの通達です!!

ウェブサイトや個人のSNS上に、間違った情報や古い情報が混在しています。

即座に全てを削除し、改めてDivvee社の承認を得てから公開をしてください。

このビジネスは、ウェブ上にてMemberを募集する事は問題ありません。しかし公開内容をDivvee社の承認を得てから掲載するようにしてください。

今後、WebやSNS等にDivveeのプログラムに関わる内容を会社に許可なく無断で公開した方は、会社の規定違反として除名され、仕事ができなくなりますので、ご注意ください。

何やら情報規制が始まりましたね…。

情報が独り歩きしている現状を踏まえて、きちんとした情報を伝えてほしいというコンプライアンスの一環にあたるそうです。

個人宛に警告の開始

しかし今日になり、某LINE@で個人の名前とSNSのURLを晒して情報を取り下げるように通達してきました。

○○○○さんへ 通達・勧告

数日前、Divveeから、全てのwebやSNS等にアップロードしてある情報やロゴ等を取り下げるよう指示があったことは皆様御存知の通りです。

それは、誤った情報や後々問題となる可能性の高い拡散方法をしている者によるDivveeや健全なアフィリエイト達への悪影響を絶つためです。

表題に挙げた「○○○○」さんは、即刻、自分のTwitterやLINEグループに挙げている下記の内容を取り下げるよう勧告します。

(こちらのグループの方ではないかもしれませんが)

この通達で改善、また取り下げなき場合は、除名・退会処分の手続きを進めます。

今回の一連の問題投稿については、既にアメリカサイドは認識しています。

さすがに個人名は○○○○に置き換えましたが、これはいくらなんでもやり過ぎでは?と思ってしまいました。そしてこの方以外にも次々と実名とSNSのURLを公衆の面前に晒されています。

会員じゃないのにdivveeの情報を書いているブロガーさんだって多数いらっしゃると思います。そういう人達だって間違えた情報や古い情報を書いている事だってあります。そもそも情報をすべて規制することなんて絶対に不可能です。

間違えた情報に関してはその人の責任ですが、古い情報に関してはdivvee側が方針をコロコロ変えるからいけないのでは?最初から決められた事をしていれば何の問題もなかったはずです。

それにdivvee側も正式な資料を用意していないから間違えた情報が広まるという考えには至らないのでしょうかね。

これ以上実名とSNSのURLを晒し続けるのであれば、日本人の会員数の多さを甘く見ないほうが良いと思います。彼らが怒って炎上騒ぎになったら一瞬で焦げ付いて終わります。

誰が検閲しているのか

不思議な点は、この件に関しては明らかに日本語のわかる日本人がSNSなどをチェックして検閲しているところです。

アメリカの企業なのになぜ日本人が関わっているんでしょう。

divveekenetsu2

この書き方、もしかしてこのLINE@の中の人が独断で検閲しているのでは?確定ではなく、あくまで憶測の範囲ですが。これから裏を取っていきます。

ひとまず実名を晒されてしまった方、心中お察しします。

コメント

  1. 匿名 より:

    規制が始まったわけですから、こちらも削除対象となるのではないでしょうか?
    掲載されているLINEも他言していけないことになっているはず。
    ご自分の主観ではなく、正しい情報の拡散をお願い致します。

    • ごうち より:

      私はdivveeの情報の規制が始まったという事実、日本人数人が何千人もの会員の前に実名を晒されたという事実を述べ、これはやりすぎだという主張を唱えたまでです。

  2. DIVVEE会員 より:

    これ本当におかしな話ですよね(๑´ㅂ`๑)
    私も興味は有るので会員には成りましたが、先導していた方々が明らかに。。。な方々でしたので日本のグループには属していません。個人的にアフィリエイトしている方には結構多いと思います笑
    コンテンツ削除の「お願い」は本日メールが文章で届いていました。(個人を名指ししたものではありません)
    日本人の記事ですら全て削除させる事は不可能な組織の構造でしょうし、見ていて滑稽に映ります。
    続報期待しています。

    • ごうち より:

      メール届いていましたね。
      divveeトップにある動画の主張を見ても、divveeを正しく伝えようという意図はわからなくもないんですけどね。
      ただこれに乗っかって実名とその方のSNSのURLを公衆の面前で晒してしまうのは誰が見てもやりすぎです。こんなことをこれからも続けたら炎上は必須でしょう。

  3. DIVVEE会員 より:

    私もマルチな方々の下につくのが嫌なので野良で初めた1人です。
    何やら覇権争いになってますね?
    人様のブログに乗り込んできてまで削除を訴えるのはやり過ぎだと思います。
    批判もあって然るべきな現状だと思うのですが。

    • ごうち より:

      そうですね。良い情報だけしか書かないブログがあまりにも多いですね。リスクとリターンの両方をきちんと知って取り組みたいところです。

  4. より:

    客観的にみても確かにDivveeの対応は行き過ぎですね。

    ブログやサイトに間違った情報が上がっていれば、その管理者だけに警告すればよいだけの話だと思います。それをインターネット上の情報全てを対象に行うのは、おかしな話です。

    Divvee本社や日本人のトップの人たちが、システムや会員の管理体制の杜撰さを批判されるのを恐れて、サイトやブログのせいにして会員の注意をそらしているだけのような気がします。

    • ごうち より:

      同感です。
      まず最初にきちんと内容を決めて、公式サイトや公式なプレゼン資料を作れば良い話なんです。
      中身が曖昧なまま進めてきたからこそこういうことになるんですよね…。

  5. はる より:

    世界同時オープンでそれも初なので色々言われて当然かと思います。しかし詐欺だとか怪しいと言う書き込みを沢山目にしますが高々3000円の事で詐欺だと言うのであれば止めれば良いかと思います。私は騙されても3000円で済んだと思い登録しました!
    それに私が誘った方もみんな同じ感覚で騙されても3000円!それだけです。
    言う通りにビジネスとして進めば御の字と思います。
    食事三回分の我慢程度なのでそれでも気になる方はやめたら良いと思いますし、批判している方のほとんどが他のアフリエイトを最後に誘った感じになってる方がどうなのかと思います。

    • ごうち@管理人 より:

      ごうち→ごうち@管理人へと名前を変えました。同一人物です。

      会社の経歴としては真っ当なので詐欺とまでは言いません。しかし上手く行くかどうかは本当にわからない案件ですね。
      投資はリスクを取らないとリターンは得られないので、あとは個人のリスク許容度によるかと思います。
      それこそ3000円であれば良いかなというのも同意できます。
      しかし金額関係なしに損失を被れば投資としては失敗なのです。その時は素直に負けを認め、反省しなければなりませんね。

      あと闇雲に批判して自分の紹介したい案件に持っていくような手法も確かにあります。
      私も噛じっている案件は当然ありますが、別の事を書いている記事内では持ち出さないように心がけています。

  6. 匿名 より:

    ランク&シェアが本当に始まっている方は、いるんでしょうか?
    3000円でも詐欺は詐欺ですよ。
    ただ始まればいいですね。
    これが詐欺だったら皆んなで法にのっとっり、皆んなで、訴えれば証明されます。
    ただ3000円で、動く方はすくないでしょうね。

    • ごうち@管理人 より:

      上手くいくかどうかの判断はもう少ししてからになりそうですね。
      今回は総じて会社側の準備期間が足りなすぎましたね。今後どうなっていくのか楽しみではあります。

  7. KEI より:

    出金方法がデビットカードって、アメリカの口座もないのに引きだせませんよね笑 登録しちゃいましたけど。。

    記事が明確で正直なので良いと思いました。

    • ごうち@管理人 より:

      ありがとうございます。
      デビットカードはおそらくマスターカード対応なので、日本のATMから出金したりお店で買い物できたりはできそうですね。

  8. やまと より:

    詐欺なのかどうなのかは置いといて仮に全世界で登録者数が200万人いたとしたら200万×日本円で約2500円ならめっちゃ美味しいです!僕なら間違いなく始める始める言いながら翌月高飛びします!

  9. Divvee会員 より:

    Divvee社とアド社が1月10日からスタートしましょう、と契約を交わしたとしたら。
    それが出来なかったDivvee社にはかなりの落ち度があるかと思うのですが。
    一体いつになったら始まることやら…。

    • ごうち@管理人 より:

      そうですね。なんかこれから大幅に路線変更しそうな気もします。
      どうなるか見守るしかないですね(´・ω・`)

  10. KEI より:

    こんなメールきました。

    Divvee についてブログを拝見させていただきました。

    まず、私自身Divvee には2016年11月から関わっており、
    Divvee アメリカ本部の内部の関係者とも間接的ではありますが関わっています。

    あなたの記事について、以下の点に注意喚起と通達を致します。

    1.
    Divvee の事業内容が古く、誤った記事を掲載しています。

    こちらに関しましては、正しい情報に改変するように求めます。

    もしあなたが正しい情報を得ることができない場合、記事の閲覧者に間違った情報を伝えることに繋がります。

    これは、Divvee を誠実にビジネスとして参加されている方達の足枷であり、妨害行為とみなします。即刻記事の削除を依頼いたします。

    以上ご精査の上、賢明なご判断頂けますでしょうか。

    ご理解を頂きありがとうございます。

    • ごうち@管理人 より:

      私のところにも来ましたよ。記事を書いた人たちに闇雲に送っていたようです。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。