AirBit Club(エアービットクラブ)について

公開日:  最終更新日:2017/01/23

airbitclublogo

またも怪しい案件が普及しそうです。その名もAirBit Club(エアービットクラブ)。

エアービットクラブとは

暗号通貨のトレードとマイニングを請け負って分配しますよってスキームです。それにMLMが付いています。

主催者の名前が公表されていない時点で手を出す案件ではないです。それに加え以前ViziNovaというポンジスキームに関わっていたRenato Rodriguez氏がこの案件に関与しているみたいです。

入会プランは3つあります。

  1. EXCECUTIVEパッケージ 250ドル

  2. CORPORATEパッケージ 500ドル

  3. PROパッケージ 1000ドル

50%をマイニングやトレーディングの配当、もう半分をリクルートのコミッションに充てているみたいですね。

更に毎月50ドルかかるみたいです。

Alexaの分析

Alexaでも調べてみましょう。https://www.bitbackoffice.comを調べてみると、

airbitclubaccess

アクセスは横ばいといったところですね。2016年の初めから既にある案件のようです。

airbitclubaccessranking

コロンビア、メキシコ、ブラジルあたりで流行っているようですね。これ系の案件は日本人の知識がないせいか、火がつくと簡単にアクセス1位になってしまうので恐ろしいです。

海外ではポンジスキーム評価多数

海外サイトのレビューを見てると新規入会者のお金を既存会員に分配する、ポンジスキームという意見がほとんどです。新規入会者が止まれば配当もストップするでしょう。

まず運営者の名前が載っていない案件は仕掛け人は簡単に逃げる事ができてしまうため、投資家は資金を失うリスクが高まります。絶対に手を出すべきではありません。

ポンジスキームで自分だけ助かれば良いという考えも良くありません。営業する場合も、スキームが崩れた時に社会的評価も地に落ちるのでその覚悟を持ってください。

ビットリージョン、D9なども含め、これ以上広まらない事を祈るばかりです。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。