明けましておめでとうございます

公開日: 

▼コメント欄へ飛ぶ

newyear

明けましておめでとうございます。年始から風邪でダウンしておりご挨拶が遅れました。今年も何卒よろしくお願いします。

2017年の当ブログの執筆方針として、一貫して下記のルールを守りつつ更新していきたいと思います。

  • FTCの意向に沿い、リクルートしてオートシップを強要するだけのMLM企業(誘った人の数=収入)はねずみ講扱い
  • FTCの意向に沿い、メンバー以外に商品またはサービスを小売りできないMLM企業(組織内流通のみで完結してしまうもの)はねずみ講扱い
  • FTCの意向に沿い、リクルート時に多額の報酬が出るMLM企業はねずみ講扱い

これらが該当するMLM企業は今後規制される可能性があります。メラルーカとかはFTCに突かれたらやばいと言われています…。

一応理由を書くと、本来の目的である商品の流通ではなく、人を誘えばお金が儲かるという発想になってしまうからです。この考え方は商品を介しただけのねずみ講と一緒です。よくMLMとねずみ講の違いは商品があるか無いかと言われますが、それは誤りであり、商品があろうがなかろうが、やってることがねずみ講と一緒であればねずみ講なのです。ただ日本に取り締まる法律がないだけです。

おそらく殆どの人が、MLMはダウンを増やす事こそが収入を得る方法だと思っているでしょう。しかしその考え方は今後改めていくことになるかと思います。自分もダウンも外部の人に対して商品を流通させてこそです。

ポンジスキームについて

bitregion-logo

当サイトはポンジスキームについても否定的な立場を取ります。

経済活動による売上から配当されるものではなく、単純に新規参加者のお金が既存会員に分配されるからです。これは何の価値も伴わない単なる送金であり、一番最後に参加した人が必ず損をします。

ポンジスキームの運営者は大抵名前を出していません。なぜかというとスキームが崩壊してきたら資金をごっそり持って閉鎖、名前を変えて新しいポンジスキームを作るからです。

運営者は急にサイトを閉鎖させますので、参加者のほとんどは損して泣き寝入り状態になります。ポンジスキームはこういう状況が幾度となく繰り返されてきています。

私は以前から言ってましたがビットリージョンやその他の類似サービスは、運営者が匿名なことを踏まえると急に飛ぶリスクが高いです。参加者はあまりにそれを軽視しすぎている気がしてなりません。

最後に、ポンジスキームを広めている人は社会的に信用を失うので注意した方が良いですよ。全員儲かっているうちは良いかもしれませんが、崩壊した時は後ろから刺されても知りません。

HYIP(ハイプ)について

当サイトはハイプに関しても基本的には否定意見を取ります。

ほとんどがポンジスキームまたは詐欺であり、投資家が儲けるのが非常に難しいという点や、運営者が急に飛ぶリスクなどを加味するととてもじゃないけどブログで肯定はできません。

ポンジもハイプも自己責任で誰にも広めずこっそりやってくださいね。

年始の注目はdivvee

divvee

私の年始の注目はdivveeです。これは一応ちゃんとした会社がやっているのでどうなるかといったところです。

やはり懸念材料としては、過去にもアプリ評価の会社があったらしいのですが、質の悪いアプリがこぞって評価を欲しがるので上手くいかなかったという点、そして増えすぎた会員に対して評価の需要が足りるかという点ですね。

この二つの関門をクリアできないとなかなか難しいと見ていますが…。海外勢も様子見が多いですね。

あとはデュブリの動向なんかも注目しています。

そんなこんなで2017年の幕開けです。楽しんでいきましょう。

コメント

内容に問題なければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

PAGE TOP ↑