なぜビットコインの値段は上がっているのか

公開日:  最終更新日:2017/01/23

bitcoinlogo

今回は最近のビットコインの値上がりについて書こうと思います。

ビットコインは最近投資する人が増えてきましたね。しかしなぜ価格が上がっているのかをきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。値上がりの要因を掴まないまま投資すると痛い目見るかもしれません。

ビットコインはなぜ値上がりしているのか

ビットコインの値上がりについて、実体経済においてビットコインの需要が上がっているからと思っている方もいらっしゃるでしょう。

確かにそれもあるかとは思いますが、実は今の値上がりはそれが原因ではありません。

ビットコインの取引の9割は中国

まず誰が買ってるかというところから調べるべきなのですが、ビットコインの取引の9割は中国だというデータがあります。

参考: ビットコイン取引最高、11月15兆円超 9割が中国(日経新聞)

これはすなわちほとんど中国人が買っているといっても過言ではありません。ではなぜ中国人が買っているのか、それは間近に起こっている中国の資産流出に関係してきます。

実は中国の通貨である人民元はどんどん安くなってきているのです。

bloomberg

これはブルームバーグで見れるドル/人民元チャートです。価格が上昇すればするほどドル高、人民元安となります。

4月からずっと右肩上がりですね。

これに危機感を覚えている中国人が人民元からビットコインに変えていると見るのが自然かと思われます。

アメリカドルが強いとビットコインが買われる

面白いことに、値動きを見てるとアメリカドルが強いとビットコインも買われていることが確認できます。

これはどういうことかというと、人民元に動きがなくてもドルが強いだけでドル/人民元チャートが上がるからだと推測しています。今やビットコインは値動きがドルの動きと連動しています。

アメリカといえば昨年12月に利上げしたばかりです。経済も好調であり、今年も利上げを見込んでドルが買われていく可能性は高いと見ています(利上げ示唆は買い要因)。よってドル高はビットコインの今後にとっては上げ要因になります。

ビットコイン買いは政府の意図には反している

ではビットコインを持っていれば良いのかといえばそう簡単な話でもありません。

中国政府はなんとかして中国の資産流出を食い止めようとしており、人民元がビットコインに流れるのは好ましく思っていません。

ここが今の中国人のビットコイン買いトレンドと相反しているので注意が必要です。中国政府が今後何らかの規制をかけてくるリスクは十分に考えられますし、そうなった場合ビットコインは急落する可能性は高いといえます。現に最近中国政府がビットコインについて言及し、一気に値段が下がりましたね。

ビットコインまとめ

簡単にまとめます。

  • 最近のアメリカドルの強さはビットコインの買い要因
  • 中国の資産流出による人民元安はビットコインの買い要因
  • 中国政府の動向に細心の注意を払うべし

特にアメリカのFRBと中国政府の動きに最新の注意を払って投資してください。良いトレードができると良いですね。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。