TCC(Trade Coin Club、トレードコインクラブ)の検証、評価、レビュー

公開日:  最終更新日:2017/04/24

▼コメント欄へ飛ぶ

tcclogo

新手の投資案件が流行りそうです。その名もTCC(Trade Coin Club、トレードコインクラブ)。これは大きく流行りそうですがちょっと危ないため注意した方がいいです。

TCCとは

TCCは、暗号通貨のトレーディングソフトウェアを使って資産運用し、それを投資家に配当するようです。

英語のプレゼン資料がありました。

登録には0.05BTCかかり、投資額によって3つの会員ランクに分けられます。

  • Apprentice - 最初に0.25~0.99BTCを投資、0.015BTCの月会費、1日0.35%の最低配当保証
  • Trader - 最初に1~4.99BTCを投資、0.03BTCの月会費、1日0.40%の最低配当保証
  • Senior Trader - 最初に5BTC以上を投資、0.045BTCの月会費、1日0.45%の最低配当保証

そして4ヶ月に1回、収益額の25%を支払う必要があるようです。これはなかなかに高いですね。

TCCの報酬プラン

直紹介ボーナス: 会員ランクに関わらず、直紹介した人が投資した額の10%が貰えます。

ユニレベルボーナス: 会員ランクによって、最高7段まで貰えます。

  • 1段目: 投資額の3%
  • 2段目: 投資額の2%
  • 3段目: 投資額の1%(Apprenticeはここまで)
  • 4段目: 投資額の1%
  • 5段目: 投資額の1%(Traderはここまで)
  • 6段目: 投資額の1%
  • 7段目: 投資額の1%(Senior Traderはここまで)

バイナリーボーナス: 会員ランクによって貰えます。

  • Apprentice - 2系列のうちの少ない方が投資した額の8%(最大で2BTCまで)
  • Trader - 2系列のうちの少ない方が投資した額の9%(最大で10BTCまで)
  • Senior Trader - 2系列のうちの少ない方が投資した額の10%(最大で15BTCまで)

リクルートコミッション: それぞれのメンバーが払う月会費が配当されていきます。3枝×最高で12段のマトリックス構造になっており、会員ランクによって貰える段数が違います。

  • Apprentice - 4段まで
  • Trader - 8段まで
  • Senior Trader - 12段まで

1人あたり0.003BTCが配当されます。このボーナスに限っては収益で0.25BTCを獲得して以降貰えるそうです。

タイトルボーナス: バイナリープランで得た月の報酬額によってタイトルが貰えます。

  • Trader Level1 : バイナリーで月に2BTC獲得するとピンを貰えます。
  • Trader Level2 : バイナリーで月に5BTC獲得するとピンを貰えます。
  • Trader Level3 : バイナリーで月に10BTC獲得するとモンブランのボールペンを貰えます。
  • Trader Level4 : バイナリーで月に50BTC獲得するとクルーザーの旅行を貰えます。
  • Trader Level5 : バイナリーで月に100BTC獲得するとカリビアン旅行+会社について知ることができます。
  • Trader Level6 : バイナリーで月に200BTC獲得するとロレックスを貰えます。
  • Trader Level7 : バイナリーで月に500BTC獲得するとトヨタカローラを貰えます。
  • Trader Level8 : バイナリーで月に750BTC獲得するとBMW320を貰えます。
  • Trader Level9 : バイナリーで月に1500BTC獲得するとBMW Z4を貰えます。
  • Trader Level10 : バイナリーで月に5000BTC獲得するとBMW I8を貰えます。
  • Trader Level11 : バイナリーで月に10000BTC獲得するとランボルギーニウラカンを貰えます。

TCCの危険性

会社が本当にトレードで収益を出しているのかは証拠がないため信用できません。そもそも素晴らしいトレードシステムを持っているのであればなぜ自分たちで運用しないのでしょうか。

そして4ヶ月に1度投資収益額の25%を支払わなければなりませんが、これはもの凄く多い額です。

また運営者情報は匿名であるため、飛ばれる危険性はあります。

報酬プランに関しては下の投資額が上に配当される仕組みになっており、ピラミッドスキームになっています。

おそらくほぼ間違いなくポンジスキームです。

TCCの噂

Behindmlmによると、Douver Bragaという人物がオーナーだという噂があります。Facebookにて宣伝しているので関わっているのは確実です。この人物は過去にポンジスキームを何個も立ち上げています。

  • WCM777
  • Vizinova
  • Jeunesse
  • Airbit Club
  • Insônia Club

そしてもう1人、Ryan Conleyという人物も関わっているようです。この人物も過去に多数のポンジスキームを立ち上げています。

  • Isagenix
  • Viewtrakr
  • Staged
  • Buzztrakr
  • Kannaway
  • Brain Abundance
  • Ingreso Cybernetico
  • Wake Up Now
  • YOBSN
  • Jeunesse
  • IQKonnect
  • TSU
  • Elevate Solar
  • Solavei
  • OneCoin
  • MMM Global
  • BitClub Network
  • Future Net
  • DasCoin

この二人が今回TCCを推してくるということはやはり他の暗号通貨のポンジスキームと同類なんでしょう。ポンジスキームだということは、新規入会者が滞ると配当も滞り、いずれ崩壊します。

Alexaで見たTCC

tradecoinclub.comをAlexaで見てみましょう。

tccgraph

だいたい12月後半あたりから伸びていますね。

tccranking

相変わらず日本が一番アクセスあります。アメリカもそうですが日本は相当ポンジスキーム大好きですね。さすがニッポンジン笑

コメント

内容に問題なければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  1. 匿名 より:

    こんにちは。

    >そもそも素晴らしいトレードシステムを持っているのであれば
    >なぜ自分たちで運用しないのでしょうか。

    素晴らしいシステムを持っているからこそ
    資金を集めて元手を大きくしているんじゃないですかね。
    PAM口座のような感じで。

    >会社が本当にトレードで収益を出しているのかは
    >証拠がないため信用できません。

    >そして4ヶ月に1度投資収益額の25%を支払わなければなりませんが
    >これはもの凄く多い額です。

    >おそらくほぼ間違いなくポンジスキームです。

    これらに関しては全面的に同意します。

    • ごうち@管理人 より:

      それにしても投資家への支払い額がでかすぎるんですよね。せめて月に2%とかならまだ信頼性あるんですが。

  2. かずのり より:

    ググっても賞賛するようなページ、ブログとかばかりだったので、このサイトは非常にためになりました。
    情報ありがとうございました。引っ掛からないように気を付けます。

  3. FREEDOM7 より:

    1/28に登録してしまい5.05ビットコインを送金しましたが今だに入金反映されないしサポートに何回もメールを送っていますが、返信もなしですので気をつけてください。

  4. トム より:

    ファウンダー(創設者)は存在しますし2月の21日に来日しますよ。
    日本のカントリーリーダーがファウンダーから招待を受け(旅費、宿泊費は全額TCC負担)、ベリーズまで会社を見に行きました。
    その時に金融ライセンスも確認済みです。
    会社も業務も実態を確認できている案件です。
    私はカントリーリーダーとは繋がっていますので、周りから聞いた話ではありません。
    4月にはラスベガスでワールドコンベンションがあります。

    何でもかんでも否定すればいいというのは如何なものかと思いますが。

    もっと良く調べてから発言されてはどうですか?

    • ごうち@管理人 より:

      私の疑問はなぜ銀行から借りた方が安いのに投資家を募るのかってところです。正直サラ金から借りた方がまだ安いですよ。そんなに儲かるなら銀行だって貸すでしょうし。
      1日1%以上も短時間で増やせるなら投資家なんていらないですよ。それになぜMLMと絡めてるんですかね。コミッションは1体いくら吐き出してるんでしょう。
      てかそんなに増やせるならGSやその他の投資会社は皆やってるんじゃないですか?全然聞かないですね。
      そのあたり疑問に思わないのでしょうか。
      皆暗号通貨と聞いたら警戒せずお金出しすぎです。
      もう一つ、ポンジスキームの運営者がこの案件に関わっているのはどういうことでしょう。
      これらの問題が解決されればいいと思いますが。

    • ごうち@管理人 より:

      ちなみにですが私は何でもかんでも批判したいわけじゃないんですよ。
      ただほんまに批判するような案件しかないんですよ最近は。
      2016年の後半頃から暗号通貨、ハイプ、ポンジスキームばっかりです。ひどいと思いませんか?

  5. 匿名 より:

    この管理人は結局は自分がやってるサビアンに勧誘するために他の案件を否定してるだけですね

    こんなやり方でしか勧誘ができないんですか?

    サビアンは非の打ち所がない完璧な案件なんですか?

  6. 匿名 より:

    FXなど他の投資案件でも手数料25%は普通ですよね。

    それと実質日利は1%ではなく0.4%ぐらいです。

    他のHYIPと違ってオイシイ利率を売りにしてるわけではないです。

    会社の実態もあり業務実態も確認できていて、各国のカントリーリーダーを無料招待しています。
    そして今月の21日に創設者が来日します。
    金融ライセンスの写メもあります。

    それでも他のHYIPと一緒にします?

    • ごうち@管理人 より:

      4ヶ月に1回手数料25%も取られるところなんてTCC以外に見たことないです。全然普通じゃないです。異常です。
      利率は最低1日0.4%以上ですよね?仮に最低の0.4%で固定すると1年で146%ですね。サラ金でさえ年率18%ですから比べ物にならないくらい高いです。
      確かに最低で0.4%となると他の1日1%案件よりはマシですが、実際の実績としては1日何%吐き出してるんでしょうね。
      0.4%を継続したとしても常識ではありえないレベルですが、これに加えて紹介コミッションも吐き出すんでどう考えてもポンジスキームだと思いますよ。

      運用する側に立って物事考えてみてください。月利12%を毎月継続して叩き出せてやっとトントン。それ以上の収益を上げ続けないと自分達に一銭も給料入らないようなものわざわざ作ります?おかしいでしょ。
      プロのファンドマネージャーが年間でどれくらい収益上げてるのか調べてみてください。

      あと暗号通貨のトレードって各取引所の板見たらわかりますがFXと違って流動性なんてまだまだ全然ないです。
      とてもじゃないけど大金を集めて運用するには向いてないというか、そういう観点からもこの案件は信用できないです。
      別にTCCに限った話ではなく、暗号通貨のトレード+MLM+ありえない高配当はほぼすべてポンジスキームといっても過言ではないと思われます。
      暗号通貨となるとわからないし最先端とか凄そうとかいうイメージで皆金出すんですよね。これ以上日本人がカモられないことを切実に祈ってます。

  7. 匿名 より:

    言ってる事、矛盾してません?

    利率が普通以上(HYIPとしてはかなり低い)だから4ヶ月に一回25%の手数料が引かれるんですよ

    登録料、月会費もあります

    引き出し手数料もかかります

    知ってました?

  8. 匿名 より:

    ちゃんと調整できてるんですよ

    新規入会者からの入金で回す他のHYIPとは全く異なります

    HYIP否定派のあなたからすればみんな同じかもしれませんが、他のHYIPとは全く違います

    HYIPを否定してサビアンに勧誘するんじゃなくて、サビアンの良さだけを伝えて勧誘したらどうですか?

    • ごうち@管理人 より:

      調整の意味がわからないです。
      トレードで日利0.4%を払うことと手数料25%を別途貰うこと、出金手数料を取ることは全く別の話でしょう。
      もしかして本当はトレードでそこまで稼げないからその他手数料で調整してるって言うんですか?それだと虚偽の申告ですよ。
      1日1%のポンジスキームは悪で1日0.4%のポンジスキームは正義なんですか?

    • かずのり より:

      「調整」ってなんですかねw
      結局、批判しようが賞賛しようが、その情報を信じるのはその人次第なんですから。
      私は色々見て回って、怪しいなと思ったので登録しなかっただけで、信じた人はやればいいんですよ。
      それで儲かる人は儲かって、私は儲からなかった。
      それでいいじゃないですか。
      批判や賞賛が色々あるのは別に投資に限っての話では無いと思いますがね。
      (嘘の内容で評価を落としたり、上げたりと・・・そんなのネット上では多数だと思いますが。それを信じる信じないもその人次第。)

  9. 匿名 より:

    2人が関わってるJeuneseは貴方がやってるMLMとは比べ物にならない超一流企業ですよ
    創業6年で1000億の売り上げを叩き出したMLMの最高タイトル保持者ってだけで、立ち上げに関わってない
    他の案件も立ち上げた訳ではなくディストリビューターとしてビジネスをしていただけ
    Jeuneseはコンプライアンスにとにかく厳しい
    そこの最高タイトル保持者が詐欺師だとでも?
    詐欺師ならとっくにアカウント抹消されてます

    貴方は結局サビアンに勧誘したいだけじゃないですか

    JeuneseどころかNerium、もっと下のARIIXにも遠く及ばないMLMを必死になって勧誘してるだけじゃないですか

    • ごうち@管理人 より:

      ここは意見が分かれるところですね。
      リクルートしてオートシップをかけさせ、ダウンにも同じことをやらせる組織はアメリカでは商品ベースのネズミ講って解釈ですがアジア圏では商品があるからネズミ講ではないって解釈なんですよ。
      実際Jeunesseの売上はほとんどがアジアのようです。
      それ言ったらサビアンだって同じやろってところですがその通りです。なのでブログトップに記載している通り今は営業していません。

  10. 匿名 より:

    色々とと調べていらっしゃり全てのHYIPを全否定してるごうちさんに質問です。
    TCCとCCPとAirBitだったらどれが一番マシだと思われますか?
    またその逆はどうでしょうか?
    またその理由もお聞かせ頂けると嬉しいです。

    • ごうち@管理人 より:

      うーん難しい質問ですね。
      これに関してはノーコメントでお願いします。所詮どんぐりの背比べです。

  11. 匿名 より:

    ポンジではなく実際にこの利率を出せるなら、普通に投資を募ればいい
    明らかに投資家にとって有利な条件で魅力的な投資先であるはずなのに「普通」に投資を募らない
    これ、ポンジの証拠ね

    • ごうち@管理人 より:

      その通りです。むしろここまで利率を出せるなら投資家を募る必要さえありません、
      わざわざパイを分け与えるってところに最大の矛盾があります。

  12. 匿名 より:

    管理人さんへ

    詳しい情報ありがとうございます
    実は、他のサイトではこの案件をあまりにもすばらしく評価しているので、私も直ぐに投資してしまうところでした。ビットコイン関連は最近やりだしたばかりの素人ですが、既に4500万円ほどやられています。紹介者達のすばらしい話をそのまま鵜呑みにしてしまうのは、非常に危険な事です。また、このサイトに登録しようとしたところ、何故か422エラーと出てしまいます。最初からおかしな案件だと思いました。絶対危険です‼

    • ごうち@管理人 より:

      本当に美味しい話は他人には教えないのです。
      わざわざ教えるということはカモにされてるってことです。
      やられれば損失を取り返すためにハイリスクな投資に走りがちになるので注意してください。

  13. 匿名 より:

    まず、このコメントではTCCについては否定も肯定もしません。

    それを前提に、
    “実際にこの利率を出せるなら、普通に投資を募ればいい”という意見についてですが、HYIPではない一般の実業でも”自らそれなりの利率を出せるスキームを持っているが、他者の参入者を募り他者の収益から手数料を貰うことで収益を上げるビジネスモデル”はいくらでもあります。
    わかりやすい例としてはフランチャイズビジネス等がそれに当てはまります。
    そしてフランチャイズビジネスの中にも実際に利益を上げることが可能なフランチャイズもあれば、加盟金やロイヤリティを搾取する事だけが目的のフランチャイズもあります。

    ので、”他者から資金を募っているという部分”や”運営者の言う見込み利益”だけを見て短絡的に判断するのではなく、個別のケースで各々判断するのが良いと思います。

    • ごうち@管理人 より:

      要は投資(ビジネス)での収益以外の、加盟金やロイヤリティを目的としてスキームを組んでいるかどうかという目線ですよね。個人的には相応の価値があれば良いかとは思いますが、新規のお金を既存会員に配当しているだけのポンジスキームにおいては全くもって無価値なものだと思ってます。

▲コメントをする
PAGE TOP ↑