最近はビットコインや、リップルなどのそれ以外の暗号通貨(まとめてアルトコインと言われています)が軒並み急騰しており、大騒ぎになっていますね。

今後5年で暗号通貨市場は1000倍にも拡大するとも言われており、値上がりはまだまだこれからと言っている人も見ます(どうなるかはわかりませんが)。

国内ではコインチェックでアルトコインを簡単に買えるのですが、実は手数料が上乗せされた高い値段が提示されているため、もし頻繁に取引するような方であればコインチェックでビットコインを買い、海外の取引所に送金して購入することをおすすめします。

コインチェックは非常にわかりやすく便利なので、まだアカウントを持っていない方は口座を開設しておくことをおすすめします。

コインチェックの「コインを買う」の仕組み

通常、暗号通貨の取引所はコインを買いたい人と売りたい人をマッチングすることで取引されています。

しかし、コインチェックの「コインを買う」機能は、コインチェックがコインを他の取引所から調達してきて、手数料を上乗せしてコインチェック内で販売するという形になっているようです。その取引所は、Poloniex(ポロニエックス)という海外の大きな取引所であるといわれています。

よってコインチェックでアルトコインを買うと、上乗せされた分の手数料を多く取られてしまうため、頻繁に売買するような人にはあまりおすすめできません。

そういう方はできればポロニエックスにビットコインを送金し、そちらで取引することをおすすめします(後述)。

※ただし買ったら絶対売らず、何年も寝かせておきたいような人であれば今回の記事はそこまで気にしなくて良いかもしれません。

コインチェックの「取引所」と「コインを買う」について

コインチェックでは、「取引所」と、「コインを買う」の両方の機能でビットコインを買うことができます。

通常は「コインを買う」では手数料が高いので、「取引所」でビットコインを買うようにしてください。

※スマホのコインチェックアプリからだと取引所のボタンがありませんので、ブラウザでコインチェックにアクセスする必要があります。

こちらが問題の「コインを買う」画面です。

イーサリアムなどのアルトコインは、「コインを買う」でしか買えない仕様になっています。そのためなるべく安く買いたい場合は、まずコインチェックの取引所でビットコインを買い、ポロニエックスに送金して買うのが賢い買い方です。

ポロニエックスで取引してみよう

ここからはポロニエックスでアカウントを開設し、売買する方法を解説していきます。すべて英語なので暗号通貨の取引に関して多少わかる人向けです。

まずサイトにアクセスして、アカウントを開設してみましょう。

Create your accountをクリックします。

個人情報を入れるところが出てきます。

  • First Name: 下の名前です。
  • Last Name: 名字です。
  • Country: 国です(Japanを選択)。
  • Phone number: 電話番号です。空欄で大丈夫です。
  • Email: メールアドレスです。
  • Password: ログインパスワードです。
  • Repeat Password: 同じパスワードを入力してください。

入力し終わったら、「私はロボットではありません」と、その下の「I agree to the Terms of Use.」にチェックを入れて、「Create Account」ボタンをクリックします。

するとメールが届きます。

載っているURLからアクセスすれば完了です。

ポロニエックスへの入出金方法

続いてポロニエックスへの入出金方法を解説していきます。

入金方法

右上のBALANCESから、「DEPOSITS & WITHDRAWALS」をクリックします。

BTCの項目があるので、Depositをクリックします。

赤枠で囲ったアドレス宛てに送金することになります。

コインチェックからポロニエックスへの送金

コインチェック内に、「コインを送る」という項目があります。

宛先の部分に、先ほどのポロニエックスのアドレスを入力します。

BTCの額を入れて送金するボタンを押すとポロニエックス側に送金されます。

出金方法

出金(コインチェックなどに戻したい場合)に関しては、BALANCES→DEPOSITS & WITHDRAWALSと進み、BTCのDepositではなくWithdrawの方をクリックします。

Addressに、コインチェックなどのビットコインのウォレットのアドレス、Amountに送金したい金額を打ち込み、Withdrawボタンをクリックすると送金されます。

コインチェックだと、「コインを受け取る」というところでウォレットのアドレスを見ることができます。

赤枠で囲った部分です。

コインの売買方法

EXCHANGE内、右側にコインのリストがあります。

買いたい通貨のPrice部分をクリックすると、左側にチャートが出てきます。

コインを買いたい場合

画像はSTEEMコインを選択した例です。下の方にBUY STEEMという項目があります。

「You have」に、所有しているビットコインの総量が出てきます。

「Price:」のところに買いたい値段を、「Total:」のところに買いたいビットコインの額を打ち込み、Buyを押すと買うことができます。

コインを売りたい場合

STEEMコインを売りたい場合は、右側にSELL STEEMというところがあります。

「Price:」に売りたい値段を、「Amount:」のところに所有しているSTEEMの額を入れ、Sellボタンを押すと売ることができます。

その他知っておくべき機能

細かく書きすぎるとキリがないのですが、特に重要な部分だけ書きます。

残高を確認したい場合

残高を確認したい場合は、右上のBALANCESから「DEPOSITS & WITHDRAWALS」をクリックします。

「Hide 0 Balances」のチェックマークを付けると、今どの通貨をどれくらい持っているかを見ることができます。

BTC Valueというところを見ると、ビットコイン換算でどれくらいの価値があるのかが見れます。

円換算でどれくらいの金額があるのかがぱっと見わからないところは難点ですが、そこは慣れるしかありません。

購入した金額を確認したい場合

ORDERS→MY TRADE HISTROY & ANALYSISから見れます。

ここに今までの売買記録が載っています。

二段階認証の付け方

お金を入金しますので、セキュリティの観点から二段階認証は付けるべきです。

画面の右上のスパナマーク→「TWO-FACTOR AUTHENTICATION」をクリックします。

画面にQRコードが表示されているかと思われます。

次にスマホで、「Google Authenticator」というアプリをダウンロードします。

設定を開始→バーコードをスキャンと進み、QRコードを読み込みます。

すると一定時間ごとに数字が変わるものが出てきたと思います。

PCの画面に戻ります。まず右にある「16-Digit Key:」というところを控えて、絶対に無くさないようにしてください。

左側にパスワードを入れ、Codeの部分にスマホに表示されている6桁の番号を入れ、「I have backed up my 16-digit key」にチェックを入れてEnable 2FAをクリックします。

番号は時間ごとに変わるので、素早く入力してください。

まとめ

今回はコインチェックの「コインを買う」機能を使うと手数料が多くかかるという話と、ポロニエックスでのアカウント開設と基本的な売買方法をまとめました。

コインチェックの口座開設がまだ済んでいない方は、まずはそこから始めると良いでしょう。

この話は長期保有を考えている人にとってはあまり気にしなくても良い話ではあります。ただし頻繁に売買したいと考えている人で、ある程度の売買に関する理解がある人であれば、ポロニエックスでの売買に挑戦してみても良いのかもしれません。

ポロニエックスでは、コインチェックで取り扱われていない通貨も売買することができるため、今後伸びそうな通貨を先駆けて買うこともできるかと思われます。

お約束ですが、今後ポロニエックスの不具合などで万が一損失が生じたとしても一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

※URLを含む投稿はスパムフィルターに引っかかる可能性があります。その場合はhttp://の先頭のhを抜いて再度投稿ください。