先日、自動売買のすすめということでFX特集の記事を書きました。今回はfx-on内にある、個人的に戦えると思っているEAをピックアップしてご紹介します。

FX投資情報コミュニティfx-on.com

私がおすすめするFX業者で口座開設し、運用していただけるのであれば無料でEAの設置サポート致します。お気軽に[email protected]にてご連絡ください。

おすすめEAセレクション

他に良さそうなEAが見つかれば増やしていきます。

  • 一本勝ち
  • 一本勝ち_EUR/USD
  • Color your life
  • ForexAdore

一本勝ち

一本勝ち

一本勝ちの機能について

長所: 1ポジションなので管理がしやすい。少額資金の運用におすすめ。
短所: 特に見当たらず

ドル円15分足用のEAです。バックテストデータは2005年1月11日~2015年12月31日まで。

10年間で綺麗な右肩上がりの収益曲線が描かれています。手法に優位性がある可能性が高く、将来的にも収益を上げられる可能性が高いと判断できるでしょう。

手法としては、マーケットの強さを察知し、エントリータイミングを探すようです。エントリー後は独自ロジックにもとづきトレーリングストップ(相場が伸びれば伸びるだけ利益を伸ばす決済方法)を行うかを判断するようです。

取引頻度としては、10年間で取引回数が2920回かつ、為替は1年で約240日の営業日があることから、だいたい平均すると1日に1.2回の取引をすることがわかります。

また、平均すると勝率は72%で、平均的な利益確定幅と損切り幅はだいたい1:2になります。これは要するに利益確定額よりも損失額の方が大く設定されているため、勝率が高くなっているだけだといえます。

しかし問題は勝率でも利益幅でもなく、トレード回数をこなして利益を積み上げられているかどうかです。

グラフをより詳しく見ると、1200回目~1600回目あたりのトレードで横ばいになっている箇所があります。これは逆算するとだいたい1年半近く収益が横ばいになる可能性があるということです。

中には、トレードは毎月安定して利益を得ることができるものだと思う方もいらっしゃると思います。しかし現実はそうではなく、1年ほど資産が横ばいになる可能性があるということを受け入れる必要があります。

それでも最終的にはトレンドを上手く捉えることができ、右肩上がりで資産が増えていきます。

個人的には素晴らしいEAだと思います。

最近のバージョンアップで複利機能も搭載されたのでより使いやすくなりました。

一本勝ち_EUR/USD

一本勝ち_EUR/USDの機能について

長所: 取引頻度が多いので飽きない
短所: 攻撃的な分ドローダウンもそれなりに

同じ一本勝ちですが、こちらはユーロドル1時間足用のロジックです。バックテストは2005年1月14日~2017年5月30日までとなっています。

本家の一本勝ちよりも攻撃的に攻めるようで、その分取引頻度は増えていることがわかります。

自動売買はポジションを持たない期間が3日以上続いて暇なことがあるのですが、このEAは取引頻度が多いので面白さはあります。

プロフィットファクタは攻撃的に攻めている分1.15と少し控えめですが、それでも12年間のバックテスト、5563回のトレードで綺麗な右肩上がりのグラフは安定感がありますし、ロジックとしての信頼性は高いと思います。

fx-onでは、ドル円15分足のEAが多いですが、これはユーロドル1時間足のものなので、組み合わせることでリスク分散になるかと思います。

また、ロット調整機能が備わっているため、自動で複利運用が可能です。

Color your life

Color your life

Color your lifeの機能について

長所: フォワードテスト期間が長く信頼性がある、少額運用におすすめ
短所: 特に見当たらず

ドル円15分足用のEAです。バックテストデータは2005年1月11日~2014年4月29日まで。

特に246~1600くらいまでの綺麗な右肩上がりの推移は驚異的な伸びだと言えます。プロフィットファクタも1.49と好成績です。

手法としては、ローソク足の形状からトレンドを判定し、黄金比率等を利用し、押し目等でエントリーを行うようです。

取引頻度は、平均するとおおまかに1日に1.2回程度です。

EAの勝率は88.74%と高めですが、平均利益額と平均損失額の比率がだいたい1:5くらいとなっています。つまりちまちま勝って大きく負ける感じのロジックとなりますね。勝率が高いと精神的に良いです。

元々2ポジション取るものだったみたいですが、最新バージョンは1ポジションとなったようです。少額資金の運用にもおすすめできます。

また、ロットの調整機能も付いているため、自動で複利運用してくれます。

ForexAdore

ForexAdoreの機能について

長所: 王道のトレンドフォロー系EA、相場に合わせた調整
短所: 最大ポジションが多いので少額運用には向かないかも

ドル円15分足用のEAです。バックテストデータは2007年1月2日~2015年11月30日まで。

トレンドフォロー系のEAですが、大きな特徴としては、ボラティリティ(相場の変動幅)を計測するシステムを搭載しており、大きい値動きの時と小さい値動きの時で利益確定幅、損切り幅を変えます。

また、最大で7つ同時にポジション取ります。そのため、少額の運用にはあまり向かないかもしれません。ただ、最新バージョンでポジション数を調整できるようにはなりました。

ロジックの勝率は57.07%で、利益幅と損失幅はだいたい同じになります。これはつまりトレードの約43%は負けるということになります。それでも利益はしっかりと積み上がっているのがバックテストの収益曲線でわかります。

ロットの調整機能を付けられるため、リスクを設定しておけばあとは勝手に複利運用してくれます。

フォワードでは1年ほど横ばいの期間が起こっておりますが、それでも個人的には高性能で優秀なEAだと思っています。

このロジックを使った別通貨ペア版もあります。

通貨ペアの分散にこれらを組み合わせることもできると思います。

お約束

当サイトでご紹介するものは将来の収益を保証するものではありません。運用して損失を被っても当サイトは一切の責任を負いません。

どんなに良いシステムも短期的には必ず負けるときがあります。トレード自体、毎月、毎年必ず安定して勝てるというものではないので、数年スパンの長期的な目線で運用する必要があります。

特に破産リスクにお気をつけください。どんなに勝てるロジックでもリスクを取りすぎて破産してしまうと意味がないです。

EAを沢山買って動かしたところで、収益が安定するとは限りません。利益を上げられるかどうかは、システムの良し悪しもありますが、相場にトレンドが出ているかどうかという根本的な部分もあるからです。

実際にEAを稼働させる前に、必ずお使いの業者で入念なバックテストを行ってください。B-bookブローカーだとフォワードでバックテストどおりにパフォーマンスが上がらない可能性も出てくるのでご注意ください。

このあたりは技術的にはちょっと難しいので、EAを買ってみたもののシステムの構築方法がわからない方、運用先のFX業者に困っている方がいらっしゃいましたら、一度[email protected]にてご連絡ください。

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

※URLを含む投稿はスパムフィルターに引っかかる可能性があります。その場合はhttp://の先頭のhを抜いて再度投稿ください。