今回は小川 善太郎「ユーザー目線ライティング」のレビューをしていきたいと思います。

小川 善太郎「ユーザー目線ライティング」とは?

Webライティングの教材です。ただし「ユーザー目線」という独自のテーマになっています。販売者は「小川善太郎(通称:たろお)」という人物です。

小川氏のブログ(tarosan01.com)を見るとわかりますが、一記事一記事、時間をかけて丁寧に作っている感じがよく伝わります。

特に記事下には、記事の内容を説明したYouTubeの動画までが用意されており、ますます丁寧な作り込みが見てとれます。一記事に対してここまで丁寧に作り込む人はなかなかいないので、間違いなく伸びると思います…。

YouTubeの動画を見ると、記事を添削している動画を見ることができます。こういう動画は独自コンテンツとして価値が高く、まさに資産化できている動画だと思います。素晴らしいですね。

また、小川氏の実績としては、2016年3月時点で、ドメイン取得から13ヶ月で月間100万PVを達成しているようです。これはもの凄く早いペースだと思います。ただし、外注化して記事数もそれなりに書いているようです。

推測ですが、3ヶ月で200記事突破したという記載があるので、このままのペースが維持されたとすれば、800記事以上で達成しているはずです。

余談ですが私はわりとライバルの少ないトレンドキーワードを狙うのが好きなので、ブログは少ない記事数でも瞬間的なアクセスは集まりますが、廃れてしまったキーワードに対しては露骨に検索されにくくなるため、全体のアクセスとしてはなかなか積み上がらないというデメリットがあります。

ブログの不労所得化を目指すなら、常に検索されるような王道キーワードをロングテールでコツコツ取っていく手法の方が向いてると思います。この場合アクセスが集まるのに時間はかかりますが、放置でも落ちにくいアクセスが積み重なっていくと思います。

ただし、どのような手法を取るにせよ読み手に対して一定の情報の質、記事の丁寧な作り込み、わかりやすく伝えるライティング技術は必須だと思います。

というのも、新規ユーザーが流れてくるのは検索エンジンかもしれませんが、その後リピーターになってくれるか、もしくはSNSで拡散してくれるかどうかは、書いた記事の品質そのものがもろに影響してくるからです。

そういった意味では、サイト運営をしていくならライティングは勉強するに越したことはないと思います。

ユーザー目線ライティングのLPについて

ファーストビューで、

  • ブログのアクセスを最低でも月10万PVまで増やしたい
  • 月10万円以上のアフィリエイト収入を得たい
  • ブログ記事の感想を書いてくれるようなファンを増やしたい
  • 自分のサービスが勝手に売れていく自動化の仕組みを構築したい

という人に対して、

書けば書くほどブログのアクセスを増やし、ファンをおもしろいように引き寄せ、売り込みなしで利益が自動化できる資産型のライティングを実践しませんか?

という提案をしています。さすがにライティングの教材ということもあり、とてもわかりやすいLPの構成です。

一通り読んでも、誇大広告気味な箇所もなく、特に不安なところは見つかりません。

それに、ライティング教材としての価値はLPの構成や文章そのものがある程度の証明になります。小川氏のブログ記事も併せて読んでみても、信頼性としては十分だと思います。

コンテンツ内容について

目次としては、

  • 第1章:ユーザー目線とは?
  • 第2章:ライティングの原則
  • 第3章:ブログライティングでユーザー目線を実践する方法
  • 第4章:ユーザー目線のベースとなる未来思考
  • 第5章:ユーザー目線の思考を身に付ける方法
  • 追加1:ライティングをどこまでこだわるべきか?
  • 追加2:ユーザー目線ライティング~応用編~

といったものを、動画セミナー形式で説明していくようです(約1時間50分)。PDFファイルは42ページ分付いています。

それに加えて、具体例として7本の文章の添削動画があり、ビフォーアフターの記事も見れるようです。

購入特典について

商材購入後3ヶ月以内であれば、自分で書いた記事を1つ添削してくれる特典が付いてきます。

また、購入者は本教材のアフィリエイト報酬が88%になるようです。

小川 善太郎「ユーザー目線ライティング」総評

約1時間50分のセミナー動画、7本の添削動画、42ページのPDFファイル、1回の記事添削まで付いて、お値段8800円です。

個人的には決して高すぎず、かつ安すぎない、なんとも絶妙な価格設定だと思います。

それと、情報商材にありがちな「効果がなければ返金保証」といったものは本商材にはないので注意です。

まず私が言える事としては、ライティングのテクニックを学びたいのであれば、別にこの商材じゃなくても良いと思います。

例えばこの本なんかは99円で買えますし、本商材の8800円に比べたら遥かにコスパが良いでしょう。

ただし、

  • こういったライティングの本で学んでもイマイチ成果を実感できなかった
  • 著者に記事の添削を依頼してみたい
  • 動画による説明が欲しい
  • Web特化のライティング商材が欲しい

といった場合は、本商材を買ってみても良いと思います。

特にこの商品のコンセプトは、ユーザー目線に立つライティングというものなので、単なるライティング技術の本とはまた違った目線の学びがあるかもしれません。

LPもブログ記事も読みやすく、作り込みも丁寧なので著者は信用はできると思います。あとはご自身の置かれている境遇や金銭状況なども踏まえて最終判断をされるのが良いかと思われます。

関連コンテンツ

『小川 善太郎「ユーザー目線ライティング」の検証、評価、レビュー』へのコメント

▼コメントを書き込む
  1. 名前:ないでしょ : 投稿日:2017/10/12(木) 20:51:15 ID:IwNTM2Mjk

    小川 善太郎稼いでないじゃん。
    ちょろっと40-50稼いだらそのノウハウ売りますの典型。

    メルマガも売り込みでウザいよね。
    PRIDEで紹介されてるけど、干されるのは時間の問題。

    PRIDEはひたすら与える主義だけど、小川はすぐ金取るからね。

  2. 名前:ごうち@管理人 : 投稿日:2017/10/12(木) 22:55:36 ID:A5Mjc1MTE

    金儲けすることは悪いことではないんですけどね。
    著者はライティング能力はあると思いますよ。
    問題は金額に見合うだけのしっかりと作り込まれたコンテンツを販売しているかどうかですね。

▲コメントの最初へ飛ぶ

コメントをどうぞ

※URLを含む投稿はスパムフィルターに引っかかる可能性があります。その場合はhttp://の先頭のhを抜いて再度投稿ください。