佐藤みきひろ氏の「THE FINAL -10年目の約束-」という案件ですが、長い前置きを経て4話目にしてようやくビジネスモデルが語られることとなりました。

これがそのビジネスモデルです。

簡単に言うと、「マスターシステム」というものをインストールし、1日1回起動するだけで、佐藤みきひろ氏の会社が生み出す利益の100%を振り込むというものです。しかも20万円の最低保障が付いています。

それ以外の説明は一切ありません。

これだけローンチにお金をかけておきながら会社の利益の100%を振り込むというのはありえない話ですし、マスターシステムが裏でどのような事をするのか全く解説がなく、使用すら恐怖でしかありません。

これは完全にやばいやつでしょう…。

恒例行事のお涙ちょうだい

第三話には、情報業界のこの手のローンチではもはや恒例となった、お涙ちょうだい劇場もありました。

今回は事業失敗で自殺を考えていたところ、友人が100万円を握りしめて駆けつけてきてくれたという話です。

しかし、その後話はすぐに坂本龍馬にすり替わっていきます。100万円の友人とは一体なんだったのか…。

THE FINALの特典について

  • 全国サロン無料利用権利
  • 全国7俊開催キックオフセミナー
  • WEBミーティング
  • 専用サポートセンター
  • ネットビジネス業界最新情報共有権

といったものが付いてくるようです。

それに加えて、先着100名限定で

  • ドリームプレゼンテーションライセンス
  • 佐藤みきひろオールインワンパッケージ

というのもあるようです。

楽してお金が貰えるわけがない

こんなざっくりとした説明だけで果たしてどれくらいの登録者が上がるのか見ものです。そしてマスターシステムの値段として最終的にどれくらい請求してくるのか、いよいよ明日明らかになると思います。

「楽して儲かる」「何もしなくても儲かる」など、世の中そんな甘い話は存在しないので気を付けてください。そんな話があったらみんな殺到してすぐに稼げなくなってしまいますので…。

お金を稼ぎたいなら地道にコツコツ勉強して、一つの分野に専門特化していきましょう。