11月17日のNHKニュース おはよう日本の放送にて、D9クラブ、Joker(D9を勧誘していたグループの一角)が取り上げられました。

D9のサイトの写真がアップロードされています。

SNSで久しい友人からメッセージが来て、投資話に発展。

投資した人は豪華な食事、外車、ブランド品などを購入していると説得。

投資直後に飛ぶ。

消費者金融から借りさせてまで投資させていた模様。

こちらの大学では100人以上が投資被害に遭ったと言います。福岡のJokerは盛り上がっていました。

校内には注意喚起の張り紙が貼られています。

Jokerのセミナーの有名な一枚。

JokerについてはAnti-Span Blogの方で詳しく取り上げられています。

ちなみにJokerは、現在Financial.org(通称FO)という投資案件を広めている模様です。こちらもほぼ黒なので気を付けてください。

あおい法律事務所の荒井弁護士です。

これは真理だと思います。

オプザイル(羽振りの良い写真をSNSにアップロードしてバイナリーオプションの高額ツールを売り込む集団)も同じ手口を使っていました。

詐欺に対する知識も経験もなく、そしてお金持ちに対する憧れが強い若者は簡単に引っかかるでしょう。

難しい事には目をそらし、簡単な事だけを強調します。

この場合だと投資すれば1日1%の配当が入る、紹介すればボーナスが入るといった具合です。

細かいことは質問できないような空気感を漂わせます。

D9を含むHYIPブームは今や落ち着いてきましたが、いずれまた形を変えて歴史は繰り返します。

特に新しいジャンルの詐欺に関しては、知識がない人達が多いため簡単に引っかかります。詐欺師もそれをわかった上で新商品を作ります。

今の詐欺のホットなジャンルは、ビットコインなどの暗号通貨、ICO、マイニング、アービトラージなどですね。バイナリーオプション、FX、ブックメーカー、未公開株式なども相変わらずアツいです。

私が一貫して言えるのは、この先詐欺が形を変えようが、消費者金融から借りる以上に利率が出るものはほぼ詐欺だと思って良いということです。またMLMがついた投資案件もほぼ詐欺を疑うべきです。

お金を増やしたいのは良い事ですが、堅実に、安全に増やすという事はとても大事なことです。

また、羽振りの良いSNSアカウントは作られている可能性も高いため気を付けた方が良いです。

こんなやつですね。本物の成功者と偽物の成功者の見極め方は、その人物の背景をよく調べることだと思います。

最後に相談するというところですが、私はネットで情報が集まる場所(2chなど)での評価を特に重要視します。情報が一箇所に集められ、複数人での世論が形成されるため、自分一人で考えるよりも格段に精度が高いです。

美味い儲け話には必ず理由があるので、十分に気を付けてください。

自分の資産を守れるのは自分しかいません。