Jokerという若者を中心とした集団が広めているFinancial.org(通称FO)という案件ですが、先日ロイターにて記事が出されました。

以後翻訳を載せておきます。

独占: 無規制のイギリス企業がアジアの投資家を引き入れる

Financial.orgという、教育ビジネスやF1チームのスポンサーをやっていると説明しているイギリスの会社が、金融取引のライセンスが降りていないにも関わらずアジア投資家の多額のお金を管理していると、17人の実際に投資した人が話した。

中国、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナム、アラブ首長国連邦出身の17人は、ロイターに対し彼らが3000ドル~40万ドルをFinancial.orgに投資したと伝えた。

「私は投資額を2倍にした」、マレーシアの元建設作業員であるAzmi Tumpang氏は、11月下旬にアブダビGPの側でFOが開催したガラディナーの外で語った。

多くの人々は、彼らの資金は米国の優良株に投資されており、利益を上げていると語った。ロイターは、株取引が行われたかどうかを確認することはできなかった。

Financial.orgは、英国の金融規制当局であるFCAが顧客のために株式や債券を売買することを許可された企業リストには載っていない。規制上の許可なく投資サービスを提供することは、英国では犯罪である。

ロンドンのカナリーワーフに事務所を持つFinancial.orgは、投資会社としての役割を果たすかどうかについてはコメントしなかった。

同社は2年前、英国の公式の会社登記簿に不動産業として登録したという。イギリスの企業登録会社であるCompanies Houseは、1月23日に決算書を提出していないため、同社を削除する準備を進めていると述べた。会社が削除された場合、法的に取引を続けることはできず、その資産は州に渡される。

英国に登録されている会社は、投資家が英国外にいる場合であっても、顧客の株式や債券などの有価証券を取引する場合、FCAによって許可され、規制されなければならない。FCAルールの下では、これはプリンシパル(顧客のために投資する団体)とエージェント(ブローカーを含む、投資を手配する企業)に該当する。

FCAは、Financial.orgが不法に運営されているかどうかについてコメントすることを拒否した。

規制当局は、それぞれの事業について独立したチェックが行われるわけではないため、以前から企業を通じた投資の危険性について警告していた。当局は、前会計年度に8000件以上の不正取引の報告を受けたと発表した。

Financial.orgは、ウェブサイトのホームにて「金融知識とスキルを提供する教育プラットフォームである」と言っている。「私たちは有価証券を取り扱っておらず、金融商品やサービスプロバイダーからの金銭的利益を得ていません」とも言っている。しかし、ウェブサイトの他の場所では、「メンバーが投資を管理することを助ける」や、「自分で投資を管理している投資家に仲介サービスを提供する」と言っている。

投資家の警告リスト

昨年3月、シンガポール金融監督局(MAS)は、Financial.orgを「MASが受け取った情報に基いて、金融取引のライセンスが降りている、もしくはMASの許可が降りていると思っているが実際にはそうではない企業」という投資家の警告リストに掲載した。当局は、リストに掲載されている企業と取引する際には、投資家が「注意を払うべきだ」と述べた。

また、マレーシアの証券委員会のサイトには、昨年「許可されていないウェブサイト/投資商品/企業/個人」のリストにFinancial.orgが掲載されたようだ。

MASとマレーシア委員会は、なぜ警告リストに載せたのかについてはコメントを拒否した。

Financial.orgは、二カ国の規制当局の警告についてはコメントしなかった。

同社は2016年5月からWilliams(WGF1G.DE)というイギリスのF1チームのスポンサーであり、そのロゴはWilliams Mercedes FW38車とチームストリップに掲載されている。

Williamsはコメントを拒否した。

ロイターに話した17人のほとんどは、知人からの紹介、しばしばソーシャルメディアによる紹介を通じて、Financial.orgと接触したと言った。6人は、他の人を紹介してFinancial.orgから報酬を得たと言った。

5人がどのように投資したのかを詳述した。彼らは、第三者の銀行口座(通常は紹介者)に資金を預けて、資金をFinancial.orgの投資口座に移したと言った。

投資家は、Financial.orgのウェブサイトのメンバー専用エリアで、Financial.orgアカウントにアクセスしたと述べた。13人は定期的に資金を引き出したと述べた。

Tumpang氏は、過去2年間にFinancial.orgを通じて3万ドルを投資したと述べた。マレーシアの別の投資家、Mohamad Mohamed Nordin氏は、40万ドルを投資したと語った。

ファッションビジネスマネージャーであるAlbert Anthony氏は、10万ドルを投資したことを示すアカウントページのスクリーンショットを提供した。インドネシアのShella Vinarevi氏は、Financial.orgの最低投資額は3000ドルでその額を投資したと語った。

— 翻訳ここまで —

おまけ:Scam-Financial.orgに日本語訳のビデオが投稿される

FOの詐欺行為についてかなり詳しく解説されているScam-financial.orgというサイトですが、日本語訳と、日本語のビデオが投稿されています。

ビデオの一部も載せておきます。




おまけ2: FOのコンベンションにて土屋アンナがパフォーマンス

よく調べてから仕事を受けて欲しいものです。

Financial.org及びJokerにはくれぐれもご注意ください。

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

※URLを含む投稿はスパムフィルターに引っかかる可能性があります。その場合はhttp://の先頭のhを抜いて再度投稿ください。