penguinlogo

今回は格安SIMのMLM、ペンギンモバイルについてのレビュー記事を書いてみようと思います。以前簡易的な記事を書いていましたが、リライトしました。

ペンギンモバイルとは

格安SIM、スマホを販売している事業者です。

「一般社団法人 日本自由化事業協会」というところが運営しています。設立は2015年6月、代表は「森 勇樹」氏という人物です。

ペンギンのSIMはドコモ回線を使っており、例えば音声通話付き、12GBの容量を月々2980円で使えます。

個人が販売しているため店舗でのサポートは期待できませんが、知っている人が替えて使う分には悪くはない価格だとは思います。

※切り替えにはSIMフリー端末もしくはドコモから販売された端末が必要です。

月額料金プラン詳細

データ専用プラン、SMS対応プラン、音声通話プランの3つがあります。

①データ専用プラン: ネットが使えるだけで、SMSや通話はできません。

  • 6GB: 1480円/月
  • 低速無制限: 1980円/月
  • 12GB: 2480円/月

②SMS対応プラン: SMS(電話番号宛てにメッセージを送信する機能)を利用できます。

  • 6GB: 1630円/月
  • 低速無制限: 2130円/月
  • 12GB: 2630円/月

③音声通話プラン: その名の通り、電話を利用できるプランです。

  • 6GB: 1980円/月
  • 低速無制限: 2680円/月
  • 12GB: 2980円/月

ペンギンモバイルへの代理店登録

代理店として登録し、ビジネスをすることもできます。3つのプランがあります。

  • チャレンジコース(スマホ無): 初期費用1万円
  • チャレンジコース(スマホ、モバイルルーター付き): 初期費用2万6000円
  • 一般コース(スマホ、モバイルルーター付き): 初期費用6万6000円

※どのプランも別途初期登録料が2000円、システム利用料が毎月2480円かかります。また、12GのSIMの契約が必須です。

ペンギンモバイルの報酬プラン

タイトル制度に加え、以下のボーナスがあります。

  • リクルートボーナス
  • システム利用ボーナス
  • SIM継続ボーナス
  • ダイナミックコンプレッション

タイトル制度について

ペンギンモバイルにはタイトル制度があり、報酬に関係してきます。

  • ロイヤルペンギン: 登録から2ヶ月以内に直紹介4人、それ以外は直紹介8人で達成
  • ヒゲペンギン: グループ人数200人以上、最大の系列を除いた人数が50人以上で達成
  • キングペンギン: グループ人数400人以上、最大の系列を除いた人数が100人以上で達成
  • エンペラーペンギン: グループ人数1000人以上、最大と二番目に大きな系列を除いた人数が200人以上で達成

リクルートボーナス

「一般コース」で代理店登録をした人のみ貰えるボーナスです。

ユニレベルで最大8段まで取れます。リクルートした人が一般コースで登録するか、チャレンジコースで登録するかで貰える金額が違います。

一般コースで登録した場合:

  • 1段目(直紹介): 1万3000円
  • 2段目: 3000円、直紹介2人が条件
  • 3段目: 3000円、直紹介3人が条件
  • 4段目: 3000円、直紹介4人が条件
  • 5段目: 3000円、ロイヤルペンギンが条件
  • 6段目: 4000円、ヒゲペンギンが条件
  • 7段目: 4000円、キングペンギンが条件
  • 8段目: 4000円、エンペラーペンギンが条件

チャレンジコースで登録した場合:

  • 1段目(直紹介):2600円
  • 2段目: 600円、直紹介2人が条件
  • 3段目: 600円、直紹介3人が条件
  • 4段目: 600円、直紹介4人が条件
  • 5段目: 600円、ロイヤルペンギンが条件
  • 6段目: 800円、ヒゲペンギンが条件
  • 7段目: 800円、キングペンギンが条件
  • 8段目: 800円、エンペラーペンギンが条件

自分がチャレンジコースの状態で代理店をリクルートした場合、上の一般コースの人がボーナスを受け取ります。

システム利用ボーナス

代理店登録した場合に支払うシステム利用料が配当されます。自分が一般コースなのかチャレンジコースなのかで貰える段数が違います。

  • 1段目(直紹介): 500円
  • 2段目: 50円、直紹介2人が条件
  • 3段目: 50円、直紹介3人が条件
  • 4段目: 50円、直紹介4人が条件
  • 5段目: 200円、直紹介5人が条件(チャレンジコースはここまで)
  • 6段目: 50円、直紹介10人が条件
  • 7段目: 50円、直紹介15人が条件
  • 8段目: 100円、直紹介20人が条件

SIM継続ボーナス

代理店とカスタマーのSIM利用料が配当されます。代理店の直紹介人数とタイトルで貰える段数が変わります。

  • 1段目(直紹介): 100円
  • 2段目: 20円、代理店の直紹介2人が条件
  • 3段目: 20円、代理店の直紹介2人が条件
  • 4段目: 20円、代理店の直紹介2人が条件
  • 5段目: 40円、ロイヤルペンギンが条件
  • 6段目: 20円、ヒゲペンギンが条件
  • 7段目: 20円、キングペンギンが条件
  • 8段目: 30円、エンペラーペンギンが条件

ダイナミックコンプレッション

コミッションが貰える範囲より下の段の人が自分より下のタイトルであった場合、タイトル差で生じたコミッションが貰えます。

ペンギンモバイル総評

SIMの価格を見る限りは競争力があり、良いんじゃないかと思います。

ただ代理店としての報酬プランを見ると、代理店リクルート時の「初期費用の配当」と、代理店のみが支払う「システム利用料の配当」が目につきます。

この2つは末端会員が支払ったお金をそのまま上位会員に配当しているだけの図式になっており、ねずみ講を形成しているといえます。

加えて、初期費用の配当に関しては6万6000円を支払う「一般コース」で登録した人じゃないと受け取ることができません。この仕様のため、高いプランでの登録を勧め、自分は多めのリクルートボーナスを貰い、ダウンにも同じ事をさせるという、終わりなきリクルートの連鎖が起こることが想定されます。

もし代理店のリクルートをせずに直紹介のみで月々のシステム利用料(2480円)分をチャラにするなら、25人のカスタマーの獲得が必要です。代理店のみをリクルートした場合はそれがたったの5人で済みます。

カスタマーの獲得よりも代理店のリクルートの方が圧倒的にリターンが出てしまっている状況で、報酬プランに関しては危険だと言わざるを得ません。

私の個人的な考えですが、大量の代理店で溢れかえればそれだけシステム利用料で運営は儲かることになります。よって一般顧客からの収益はほとんど取らず、競争的な価格を餌にし、代理店の獲得で利益を生み出しているんじゃないかなと思っています。

代理店登録に関しては注意が必要でしょう。