worldventureslogo

MLMをやっているならWorld Ventures(ワールドベンチャーズ)という企業を聞いたことがある人も多いと思います。

今回はワールドベンチャーズについてのレビュー記事を書こうと思います。

World Ventures(ワールドベンチャーズ)ってどんな企業?

2005年に創業された会社で、本当にざっくり説明すると旅行が安くなる(と言われている)MLMです。

毎月の月会費のいくらかが旅行ポイントとして割り当てられ、実際に旅行に行くときはそのポイントをいくらか使えて旅行に行くことができます。

そして4人の紹介者を出し、その人達がアクティブな状態だと、月会費がかからないようになり、ポイントだけが溜まるようになりお得になります。

イェス、ピラミッドスキーム!

はい、説明はだいぶ省きましたが、私のブログ読者ならもうお察しの通り、これはねずみ講的な組織に抵触します。

理由は以下の通り:

  1. 誘った会員が旅行に行こうが行かまいが関係なしに、月会費分のコミッションが継続的に上に配当される
  2. この仕組みのため、誰でも良いから4人紹介すれば…の連鎖ができる
  3. 初期費用のいくらかが上に配当される
  4. 会員以外の人にサービスを小売りをして差益を得る事ができない

一応フォローも入れておくと、本当に旅行に頻繁に行き、月会費分を旅行でペイできるのであればやっても良いと思います。ギリギリの妥協点としてはここになるのかなと。

ただし、現状はほとんどの人が旅行サービスを全く使わない(人を誘ってお金儲けをしたいだけ)、もしくは月会費を旅行でペイできない状態になっています。つまりワールドベンチャーズは大儲け、そして殆どの人が損しているという現状です。

結局私は以下の質問に集約されるのかなと思います。

あなたは本当の意味でMLMをやりたいですか?それともMLMに乗っかってねずみ講をしたいだけですか?

国内でのワールドベンチャーズ

国内では蝶乃舞氏の一件や、ADSなんかが有名ですね。

まず前提としての問題点ですが、そもそもワールドベンチャーズは日本に上陸していないです。代行登録として香港の住所を登録させていますね。

そしてもう一つ、ADSは自動でダウンが付く仕組みと謳ってワールドベンチャーズに引き入れていますが、そこに全く旅行サービスが介在しないため、完全に人を誘ってお金を儲けようとする仕組み…つまりワールドベンチャーズを使ってねずみ講をしているだけに見えます。

ただし一応フォローを入れておくと、ADSは最近MLAという仕組みを出しましたね。これは私は素晴らしい仕組みだと思っています。

ノルウェー、マレーシア、南アフリカでピラミッドスキーム認定を受けている

ワールドベンチャーズは、ノルウェーとマレーシア、そして近年は南アフリカで「ピラミッドスキーム(ねずみ講)にあたる」として営業できなくなっています。ジャマイカや台湾でも不穏な空気が流れているようです。

別にワールドベンチャーズに限った話じゃないんです。

今後もこのような仕組みの企業は沢山入ってくると思われます。変な組織に加担して時間とお金を無駄にしないよう、MLMとネズミ講の区別はしっかりできるようになりたいですね。

最後にMLMとネズミ講の要点確認

ちゃんとしたMLM企業は

  1. 会員のリクルート時に報酬が発生しない(もしくは少ない)
  2. 会員以外の人に商品またはサービスを売って利益を得る事ができる
  3. ダウンが商品購入またはサービスを使った分だけコミッションとして還元される

ねずみ講的なものは

  1. 入会者の初期費用が上に配当される、リクルート時に大きな報酬が発生する
  2. 会員以外の人に商品またはサービスの小売りができない、もしくはしてもメリットがない
  3. 本人がサービスを全く使わなくても月会費が上に配当され続ける(製品系はグレーなところ)

妥協点は、自分がお金を払って会社の商品またはサービスを使いたいかどうか、それによって恩恵を受けるかどうかです。

長期的にコツコツ権利収入を積み上げたいのなら、ねずみ講的なものには加担しない方が良いと思います。

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

※URLを含む投稿はスパムフィルターに引っかかる可能性があります。その場合はhttp://の先頭のhを抜いて再度投稿ください。