gtilogo

今回は怪しい案件、Golden Trust Investment(GTI)のレビュー記事を書こうと思います。

Golden Trust Investment(GTI)とは

プレゼン動画がありました。

香港に拠点を持つ、会員制のアフィリエイト(MLM)サービスを運営する団体だそうです。

会員になることで、GTIが独自に精査した投資案件に投資することができ、また投資家同士のコミュニティで情報交換もできるそうです。

会員になるためには、現在は400ドルの登録費用とMr.Rippleへの登録が必要です。

春からは無料のレギュラー会員も登録可能(案件に投資はできない)になるそうです。

GTIの報酬プラン

案件の精査に入る前に、先に報酬プランの説明をしておきます。2つのMLM報酬があります。

  • ユニットボーナス
  • ティアボーナス

ユニットボーナス

誰かを紹介すると、自分のレベルに応じて1登録あたり60ドル~270ドルのボーナスを貰えるようです。

レベルに関しては以下の通りです。

  • レベル1…1~5名の紹介、60ドル/名
  • レベル2…6~10名の紹介、75ドル/名
  • レベル3…11~20名の紹介、90ドル/名
  • レベル4…21~30名の紹介、105ドル/名
  • レベル5…31~50名の紹介、120ドル/名
  • レベル6…51~70名の紹介、135ドル/名
  • レベル7…71~100名の紹介、150ドル/名
  • レベル8…101~150名の紹介、165ドル/名
  • レベル9…151~200名の紹介、180ドル/名
  • レベル10…201~300名の紹介、195ドル/名
  • レベル11…301~500名の紹介、210ドル/名
  • レベル12…501~1000名の紹介、225ドル/名
  • レベル13…1001~2000名の紹介、240ドル/名
  • レベル14…2001~3000名の紹介、255ドル/名
  • レベル15…3000名以上の紹介、270ドル/名

また、自分よりランクが低いメンバーが紹介者を出した場合、ランクの差額分を貰えるようです。

例えば自分がレベル2(75ドル)で、ダウンがレベル1(60ドル)の場合、下位のメンバーが紹介を出すと75-60=15ドルが貰えます。

ティアボーナス

メンバーがGTIのサービスを契約すると、元々分配される手数料の何%かがユニレベルで入るようです。

下記のタイトルに応じて取れる段数が変わります。

  • レギュラー…無料会員(現在は登録不可)
  • プレミアム…初期費用400ドルを払えば取得可能
  • ブロンズ…プレミアム会員を10人紹介
  • シルバー…3系列に1名ずつブロンズ会員
  • ゴールド…3系列に1名ずつシルバー会員

ユニレベルで最大で5段まで取れます。

  • 1段目…30%、レギュラー会員はここまで
  • 2段目…20%、プレミアム会員はここまで
  • 3段目…10%、ブロンズ会員はここまで
  • 4段目…7%、シルバー会員はここまで
  • 5段目…7%、ゴールド会員はここまで

GTIが扱う案件

だいたいこれらがメインの商材となっております。

  • Quanta通貨
  • AABTマイニング
  • モンゴルBOGD銀行
  • FX自動売買システム
  • AIS(ブックメーカー予想配信)

Quanta通貨

当サイトで記事は書いておりませんが、簡単に説明すると人が介在しない宝くじの実現を目指した暗号通貨です。

日本人が運営しているはずです。

AABTマイニング

こちらも日本でしか流行っておらず、日本人運営説が濃厚の案件です。

香港の会社なのに日本の案件ばかりでおかしいですね。

モンゴルBOGD銀行

モンゴルの銀行口座の開設らしいです。

このサイト(http://www.bogdbank.com)ですが、SSL化していない時点で真っ当な銀行ではないでしょう。

調べていると面白いサイトを見つけました。おそらく告発サイトです。

BOGDっていうウランバートルにある銀行なんですけども、なんと!この銀行ね!オンラインバンクなのに、セキュリティーが無いんですよ。凄いでしょ!いやー。探すのに苦労しましたよ。

これはどういうことかっていうとね?
あんたらのお金を預金したことにしてね?
私、松尾がね、頂戴いたします。

そんでね?あんたらの通帳にはね?お金が入金されていないと。
そんときにね?「スーパーハッカーから盗まれた!」って大騒ぎして、うやむやにする作戦なんですよ。

日本人はね?銀行にお金を預ける。これはもう絶対に信頼しますからね。現地に行ったら、本物の銀行がちゃーんとあるわけですから、これはもう信用するわけです。あるんですから。

そんでね、英語の契約書を立て続けに署名させるんですけども、これもうね、みんなね、読まないで書いちゃいます。名前書いてくださいっつってね。本当は名前じゃなくて、サインの欄なんですけどもね。これ海外だと、実印押したのと一緒なんですが、客にゃ、そんなんわかりゃーしませんからね?

あとねぇ、これもまた、この松尾が知恵を絞って考えたんですけども、ペイオフ対象です!っていうね。

これね?モンゴルではね?外国人の預金はペイオフ対象外なんです。
ウソなんです。分かってて掲載してます。あとね?
この銀行、口座を開けるのは簡単なんですけど、引き出すのは無茶苦茶大変ですwww

そんでね?書類にはね?コッチで準備したモンゴルの住所が書いてあるわけだから、銀行側もね?書類をコッチに送ってくるわけですよ。重要な銀行の書類をね?なにからなにまで、この松尾の手のひらに乗っかる訳です。

そしたらね?あとはもう簡単ですよ。翻訳だの手数料だの、送金手続きだのと、小難しいこと並べて、引き出させない。最終兵器として『現地に来てください』これでOKです。客はダンマリになるんですよ。

ーー モンゴル BOGD銀行 GTI ゴールデントラストインベストメントより

※ペイオフというのは、金融機関が破綻した時に預金を払い戻しすることです。

FX自動売買システム

月々35000円で利用可能なようです。

利用するには、指定した海外のFX業者(Lion Sight Treasury、http://lst-fx.com)の口座開設が必要なようです。

しかし、この海外業者は財務局から警告を受けていますし、英語のサイトなのに口座開設のページに飛ぶと急に日本語になります。

lstjapanese

おそらく日本人が運営していると思います。ドメイン情報は非公開でした。

lionsightspread

極めつけはこの画像なのですが、EURをEYRとタイプミスしています。雑すぎますね…。

なぜGTIはわざわざこんな業者を指定してくるのでしょうか。

AIS(ブックメーカー予想配信)

顧客の損失が業者の利益になる仕様上、基本的にブックメーカーで勝ち続けることはできません。

投資案件と称してブックメーカーの候補がでてくる時点で詐欺濃厚です。

GTIのサイトに日本語

サイト(http://golden-trust-investment.asia)のソースを見るとナビに日本語があります。また、ドメインはお名前.comで取得されていました。この事から日本人が作ったサイトに違いありません。

gtijapanese

gtionamae

GTI総評

正直詐欺の匂いしかしません。

香港の会社といいつつほぼ日本の案件を紹介していますし、案件もGTIが精査どころか詐欺まがいなものばかりです。

ドメインはお名前.comとくれば、ほぼ間違いなく日本人運営ですね。

また、告発とも取れるツイートとサイトがありますので、検討している方は目を通してみると良いでしょう。

告発サイト

十分に気をつけてください。