bitshowerlogo

今回は新しいHYIP案件であるBitshower(ビットシャワー)のレビュー記事を書こうと思います。

Bitshower(ビットシャワー)とは

暗号通貨のトレードで毎日5%の利益を出し、投資家に配当しているそうです。

bitshowerhow

ビットコインを買うじゃろ?5%値上がりするじゃろ?売るじゃろ?1日5%の利益。簡単でしょ?

購入額の3倍になった時点で契約終了だそうです。再投資することはできます。

ビットシャワーへの入会

3パターンの入会プランがあり、更に3パターンの投資額を選べます。

  • スタンダード: 100ドル、300ドル、500ドルの3パターン、日利0.5%
  • プレミアム: 1000ドル、3000ドル、5000ドルの3パターン、日利0.8%
  • プロフェッショナル: 1万ドル、3万ドル、5万ドルの3パターン、日利1.2%

平日のみ配当が入るようです。

ビットシャワーの報酬プラン

大まかに以下の2種類があります。

  • ユニレベルボーナス
  • バイナリーボーナス

ユニレベルボーナス

自分から派生した組織の人が投資した額の何%かが報酬として貰えます。自分が紹介した人を1段目、その人が紹介した人を2段目という感じで、決められた段数までの報酬を得ることができます。

入会プランによって、取れる段数が変わります。

  • 1段目(直紹介): 投資額の10%(ダイレクトボーナス)
  • 2段目: 3%
  • 3段目: 2%
  • 4段目: 1%、スタンダードはここまで
  • 5段目: 1%
  • 6段目: 1%
  • 7段目: 1%、プレミアムはここまで
  • 8段目: 1%
  • 9段目: 1%
  • 10段目: 1%、プロフェッショナルはここまで

バイナリーボーナス

左右に組織を伸ばしていき、少ない方のチームの総売上の何%かが貰えます。

入会プランによって得られる%が変わります。

  • スタンダード: 少ない方の5%
  • プレミアム: 少ない方の7%
  • プロフェッショナル: 少ない方の10%

左右に300ドル以上を出すことで有効になるようです。

ビットシャワーの気になる点

どこにでもありがちな簡易的な作りのハイプです。

  • ドメイン情報が非公開
  • フロントページが2種類
  • ウガンダ共和国からのアクセス
  • 画像が雑

ドメイン情報が非公開

bitshowerdomain

ドメイン情報を公開していないサイトが投資を募っている場合、ほとんどが詐欺です。

フロントページが2種類

bitshower.comとbitshower.ioの2種類のフロントページが存在するようです。.comの方のドメインは2016年11月18日に取得されたようですが、ioの方はつい最近(2017年4月7日)取得されたようです。

日本語の文献は.comの方がメインで紹介されているようですが、YouTubeやFacebookページを見る限りは.ioの方がメインなのかなと思っています。

いずれにせよログイン画面に行こうとすると.comの方に飛ぶようです。

.ioの方のドメイン情報も当然のことながら非公開設定になっています。

ウガンダ共和国からのアクセス

Alexaの情報を見るに、.comの方はウガンダ共和国からのアクセスが30%もあります。

bitshoweraccess

しかしgoogleで検索するに今のところ日本語の説明サイトしか出てこないので、そのうち日本のアクセスが90%を越えてくるんじゃないかと思っています。日本人はほんと詐欺が好きですね…

画像が雑

bitshowerworker

ビットシャワーのロゴが指にかかっています。もうちょっと良い位置なかったんですかね…。

ちなみにこの人はEric C Gould氏というフォトグラファーの写真を加工したものです。

参考: Eric C. Gould Photographer: Business Headshots and portraits based in San Francisco and Palo Alto

ビットシャワー総評

雑なハイプ案件です。

毎日5%の利益を出す具体的な説明も何もありません。

ほぼ100%ポンジスキームの詐欺であり、報酬プランはねずみ講そのものです。

ポンジスキームであるということは、新規入会者が滞った時点でスキームが破綻します。

また、この手の詐欺案件はお金を集めるだけ集めて配当を支払わない、もしくは急にサイトを閉鎖して飛ぶといったことを当たり前のようにやってくるので注意してください。

近づかない方が賢明です。