minerworldlogo

今回はMinerworld(マイナーワールド)という、ブラジル発の案件についてのレビュー記事を書いていこうと思います。

Minerworld(マイナーワールド)とは

  • ビットコインのマイニング事業
  • 暗号通貨取引所(BitOfertas)事業
  • 両替所
  • ビットコインのプリペイドカード事業
  • MLM事業

を展開しているようです。

パラグアイに本社があるようです。CEOはCÍCERO SAADという人物です。

イベントもやっており、その様子はYouTubeに動画として上がっております。

マイナーワールドへの入会

  • Partner: 15ドル(どのプランも絶対にパートナーの購入が必要)
  • Entry: 30ドル、ここからバイナリーボーナスが受けられる
  • Start: 155ドル、ここからマイニング配当が受けられる
  • Basic: 310ドル
  • Professional: 620ドル
  • Enterprise: 1250ドル
  • Ultimate: 2500ドル
  • Prime: 5000ドル
  • Investor: 1万ドル、マイナーワールド社の利益を分配

Partnerへの入会は強制です。例えばEntryで入会しようとしたら、30ドル+Partnerの15ドルで、計45ドルが必要になります。

マイニングの配当が入ってくるのはStart以上です。Entryでやるメリットはほぼないかもしれません。マイニング配当は、日利0.54%とのことです。

Investorで入会すると、毎月のマイナーワールド社の利益の1.5%を分配するようです。

出金について

各プランによって最低出金金額が異なるようです。

  • Entry: 30ドル
  • Start: 30ドル
  • Basic: 30ドル
  • Professional: 30ドル
  • Enterprise: 60ドル
  • Ultimate: 60ドル
  • Prime: 120ドル
  • Investor: 240ドル

マイナーワールドの報酬プラン

  • 直紹介ボーナス
  • バイナリーボーナス
  • タイトルボーナス

パッケージ購入から365日以内に再び何かのパッケージを購入しないと組織ボーナスやタイトルなどはリセットされてしまうようです。

直紹介ボーナス

誰かを紹介すると、その人が投資した額の10%が分配されます。

バイナリーボーナス

左右に2系列のチームを伸ばしていき、少ない方のチームの累計ポイントの何%かが貰えます(1P=1ドル)。

Entryプラン以上で有効になります。左右に1人ずつ直紹介を出す必要があります。1日に受け取れるボーナスの上限は、自分が購入したパッケージの3倍の額までです。

  • Entry: 少ない方の10%
  • Start: 少ない方の15%
  • Basic: 少ない方の20%
  • Professional: 少ない方の25%
  • Enterprise: 少ない方の30%
  • Ultimate: 少ない方の35%
  • Prime: 少ない方の35%
  • Investor: 少ない方の35%

タイトルボーナス

マイナーワールドにはタイトル制度があります。

  • ブロンズ: 500P達成で昇格、20%バイナリー
  • シルバー: 2500P達成で昇格、20%バイナリー+200ドル
  • ゴールド: 5000P達成で昇格、25%バイナリー+750ドル
  • ルビー: 1万P達成で昇格、25%バイナリー+1500ドル
  • ダイヤモンド: 2万5000P達成で昇格、35%バイナリー+毎月の会社利益の3%を資格者で分配
  • ダイヤモンドインターナショナル: 5万P達成で昇格、40%バイナリー+海外旅行+毎月の会社利益の2.5%を資格者で分配
  • ダブルダイヤモンド: 10万P達成で昇格、40%バイナリー+毎月の会社利益の1.5%を資格者で分配+HYUNDAI HB20車
  • トリプルダイヤモンド: 25万P達成で昇格、40%バイナリー+ホンダCR-V車+週末リゾート招待
  • ブラックダイヤモンド: 50万P達成で昇格、40%バイナリー+メルセデスC180車+ラスベガス海外旅行
  • ダブルブラックダイヤモンド: 150万P達成で昇格、40%バイナリー+レンジローバーEVOQUE車+ドバイ海外旅行

マイナーワールドの気になる点

CEOも顔出ししていますし、現地のブラジル人もそれなりに加担しているという点ではそこらの詐欺案件よりは信頼性があります。ドメイン情報も公開されており、会社住所もGoogleに載せています。

minerworldaddress

しかしながら気になる点はあります。

  • マイニング機材のスペックが不明
  • 報酬プランはねずみ講そのもの

マイニング機材のスペックが不明

ポルトガル語のフォーラムを見ていたのですが、マイニング機材についての情報が出てこないという書き込みがありました。

電気代の安いパラグアイにてマイニングをしているとのことですが、これがもし嘘、もしくはマイニングだけで日々の配当を賄えない場合は、配当の原資が他から出てきているということになり、マイナーワールドが一気に危険なビジネスになってきます。

配当自体は日利0.54%、月利にすると16%と高配当です。マイニングには電気代、回線代、設備投資代などがありますから、これらを差し引いて、集めた資金に対して毎月16%以上を継続して出せないと破綻することになります。

組織が拡大してくれば投資資金も集まってくるため、設備投資は積極的に行って行かなければならないでしょう。それでも月利16%以上を出せているのか、公式が資料を出さない限りはわからないといえます。

 

報酬プランはねずみ講そのもの

小売りが全くなく、単純に末端会員が投資した額が上位会員に配当されていくプランなのでねずみ講といえます。

このようなプランのスキームに加担した場合、終わりなき紹介の連鎖に巻き込まれるため危険です。

マイナーワールド総評

会社住所やドメイン情報は公開されており、経営者の顔も見えている分、そこらのHYIP案件よりはいく分マシに見えます。また、現地のブラジル人もそれなりに加担していることがわかります。

それでもAlexaで見る限り日本からのアクセスの方が多いことが確認できるため本当に日本はMLM(ねずみ講)大国なんだなと思います。

マイナーワールドの最大の論点は、本当にマイニングしているのか、また月利16%以上をマイニングで出せているのかという部分になってくるでしょう。ここが見えてこない以上は投資としては恐いですね。

また、報酬プランは小売りがなく、ねずみ講そのものなので危険です。

この案件に関してはまだ情報が少ないため、新たに情報が出てきたらまた記事を書こうと思います。